学生ローンの限度額

それぞれのローン会社によって、お金をローンで借りる際の限度額は決まっています。
例えば、ある消費者金融の大手の場合の限度額は500万円ですが、専門の学生ローン業者の場合の限度額は対象が学生であるため50万円になっています。
基本的に学生は収入が少ないため、借り過ぎによって借金が多くなることを防止するためでしょう。

学生ローンは限度額が決められていますが、希望した金額を誰でも借りることができるということではありません。
例えば、限度額が50万円の学生ローンの場合でも、実際に借りる場合には30万円しか借りることができなかった、というケースも多くあります。
業者は学生がお金をきちんと返済してくれるか分からないため、多額のお金を最初から貸してくれないのです。
返済期限にきちんとお金を返済していくと、信用度がアップして限度額がアップする場合はあります。
このようなことから、必ず希望した金額を借りることができるということではありません。
しかしながら、このことはお金を借りる人が借り過ぎによって人生を駄目にしないための処置とも言えます。

また、お金を借りる場合に、審査に受かるために虚偽の年収を言ったりする場合があるようですが、このような行いは絶対に止めましょう。
審査の際に分かるし、もし審査に上手く受かったとしても、先々借金を返済することができなくなる恐れがあります。
本サイトでは、どの程度借りられるか、50万円までが最高、50万円が限度額、についてご紹介します。



■外部リンク
ネットから申込んで即日にでも融資が可能な学生ローンです →→→ 学生ローン 即日